小倉・大島方面
小倉・大島方面 神澤方面
神澤方面 葉山島方面
葉山島方面 高田橋方面
高田橋方面 望地・六ツ倉方面
望地・六ツ倉方面


小倉橋下流の二股 *左岸の瀬〜右岸の串川合流

チャラ・トロ・瀬・・多彩なポイントは、初心者にとって絶好の練習場。良い年は解禁初期から泳がせで数があがる。
釣場へは[友鮎の高橋]から歩いて行ける。おとり店の駐車場が満車の場合は、諏訪ノ森下橋を渡って右折。最上流部に駐車できる。

  



橋の上の瀬 *諏訪ノ森下橋

[大鮎の里]最上流域。巨鮎が舞う大河の風貌。
向かって左の林の裏手には本流が流れる。数よりも少数精鋭(大型)か、サイズよりも数で楽しめるかは、その年によって異なる。

  

 


橋の下のトロ場

天然遡上の良い年には、解禁前から鮎の姿を橋の上から見ることができる。
解禁前にこの橋に訪れる釣り人たちは、まさに魚偏に[占]うと書く[鮎]のごとく、その年の釣果を占う場所でもある。盛期〜それ以降には、良型が揃う。

  



諏訪ノ森右岸のザラトロ

本流ではあるものの鮎の釣場としては、売店前(上大島友鮎販売所)の左岸側が人気。とはいえ、年によって、あるいは日によっては、泳がせで釣果があがる場所でもある。

  



売店前のトロ

通称:シルバーシート!釣りやすい場所としても人気。盛期の良い時には、イナダやカツオの乗合船のように、
あちらこちらで竿をしならせている光景が見られる。

  




解禁当初から比較的、安定した釣果がある場所。見た目よりも流れの押しが強いので、中級者以上向きのポイント。
売店前下流のザラ瀬

  



売店前下流の瀬

右岸本流との合流に向かって絞られる急瀬をはさんだ上下がポイント。

  



売店下流の合流下の瀬〜大島へら釣場前のザラ瀬

良い石に恵まれた川相は、鮎にとっても絶好の住まい環境。例年、多くの釣り人が狙う場所。

  



前の写真に続く瀬の落ち込み(大島地区最下流の瀬)

神澤上流の淵〜トロ場に流れ込む瀬。年により、また日によって当たり外れの極端な場所としても有名。

  



上大島地区より神澤を見る

神澤は相模川の鮎釣り場としては穴場的存在。

  



神澤から上流を見る

上流に見える[黒い点々]は、鵜の群れ。この写真を撮影しに来た時には、鮎で腹いっぱいになった鵜たちがすぐそこで羽を伸ばしていた。鵜がたくさんいて、釣り人もいないとなれば、そこは鵜の独壇場。

  



神澤から下流を見る

鵜の独壇場。逆にいえば鮎釣師にとっても絶好の場所か!詳しい釣り師に聞くと、「その年〜時期によって釣果にも幅がある」。このポイントへは、相模川左岸側の県道48号線のローソン大島中ノ原店の脇の道から神澤神社方面へ。オトリ鮎は事前の準備が必要。

  



葉山島の堰堤下

堰堤下から二つに分流。左岸側の流れにも竿を出すことができるが、右岸側の流れの方が太く、下流に向かって川幅もさらに広がる。この写真の左方向に、数台分の駐車スペースがある。

  



一本瀬下流の深瀬

例年・大型の鮎が上がる場所で有名。2009年度は、尺越えが多数上がった。右岸側を走る県道511号線脇の斉藤おとり店では、その勇壮な魚体を写真で見ることができる。

  



堰堤下の開きのトロ

天然遡上の多い年には、早期から数が上がる場所。右岸側には、川に沿って一台ずつ駐車できるスペースがある。全体的に押しの強い相模川の中でも、この場所の流れは穏やかなので、女性の方も入川しやすいし、初心者の方にとっては良い練習場となる。

  



葉山島下流の二股

右側の穏やか流れに対して、左側は程良い瀬になっている。

  



葉山島下流の合流

天然遡上が多い年は、このチャラチャラにたくさんの鮎が群れる。その群れを見釣りで狙うも、釣果を上げるには、全国レベルのトーナメンタ―でさえも手を焼く場所。

  



堰堤下の二股(通称:橋の上)

例年行われる大手メーカーの鮎釣り大会の会場にもなる。釣果も比較的安定した場所で常連釣師も多い。

  



高田橋の上

両岸から竿が出せる広い平瀬。内水面まつりの[鯉のぼり]や[花火大会]でも有名な場所

  



高田橋下のトロ

少し下流に行くと石もあり友釣りになる。メーカー主催の大会の本部が設営される場所でもある。相模川第一漁業協同組合の事務所は、写真左手の川沿いの道にある。

  



高田橋下流の一本瀬

比較的釣果が安定していることもあり、例年、たくさんの釣り人が入る。大会エリアとしても代表的なポイント。
高田橋区域の釣果情報は、橋の上とこの一本瀬が主な情報源。

  



望地キャンプ場前から高田橋方面を見る

写真には映っていないが、右側にもう一つの細がある。天然遡上の多い年には、この細い流れに沢山の鮎が集まる知る人ぞ知る穴場的な場所。

  



柳前の上流

中央に数本見える木立が柳の木。初期の頃は型よりも数。盛期から終盤になると比較的大型の鮎が釣れる場所。平水時ならば、立ちこんで釣ることができる。ただしこのテトラ沿いは水深があるので近寄ると危険。

  



望地・柳の下

上流のトロと下流の瀬に挟まれたザラ瀬。大会会場としても人気の釣場。

  



望地の瀬肩から一本瀬を見る

釣具メーカー主催の大会会場にもなる釣場。周年を通じて鮎釣り師の人気スポット。瀬の落ち込みの下が[蛇かご]と呼ばれる場所。

  




バイパス上下流

第一漁協管理区域の最下流。写真左側が下流方向でコロガシエリアとなる。バイパスの上流は、友釣り師の数は少ないが根強いファンもいる。この場所も、穴場的存在。

 




遊漁証取扱店・友あゆ販売店のご案内へ
相模川第一漁業協同組合
神奈川県相模原市中央区水郷田名 4-11-8
TEL 042-763-2726


Copyright by Sagamigawa DaiitiGyokyou .Since 2002